マッサージ器の使用上の注意について
 社団法人ホームヘルス機器からのお願い
マッサージ器は、使用方法を誤ると逆効果となる場合があります。
正しい使用方法で、ご愛用ください。
 .螢薀奪スした状態で使用しましょう。 背広などの上着を脱ぎ、ネクタイやベルトなどの体を締め付けるようなものは取り除き、リラックスした状態でマッサージしましょう。
◆ゝヾ錣鯊里砲爐蠅鵬,靴弔韻覆い茲Δ砲靴泙靴腓Α いくらコリが激しいからといって、機器を体にむりに押しつけてマッサージするのはやめましょう。
陜ち型マッサージ器(弊社エレトンなど)であれば、機器の重さを利用して、機器を体に乗せておくぐらいが適当です。
 過度な使い方はやめましょう。 一回の使用で何時間もマッサージしたり、同一個所をやりつづけるのは、逆効果です。毎日少しづつ使いつずけるのが効果的です。弊社商品を手に届く所に置いて、いつもご愛用ください。
ご使用目安として、成人で一回15分〜20分、一日30分ぐらいまでにしましょう。
ぁ^綮佞らマッサージを禁じられている人は使わないようにしましょう。 医師からマッサージを禁じられている人は、使用しないでください。 
ァ‘部や骨などに直接機器があたらないようにしましょう。 マッサージ器は、つぼを刺激したり、血行を促すのが目的です。骨や頭部などにあたりますと骨を痛めますので、あたらないようにしましょう。
Α/搬里飽枉錣魎兇犬討い襪箸は、すぐ使用をやめ、医師と相談しましょう。 医師の治療を受けているときや、身体に異常を感じているときは必ず医師と相談してください。
А,子様に使わせたり、手の届くところにおかないでください。 お子様に使わせたり、本体の上などで遊ばせたりしないようにしましょう。
─)楝里良獣呂簓縮未貿砲譴箜笋譴ないか確認しましょう。 本体の表地や表面に破れや割れを見つけたら、使用せずに修理を依頼してください。
 マッサージ器の改造、分解はしないでください。 マッサージ器は医療機器のため、改造、分解、修理を行う場合は、許可が必要です。修理を行う場合は、修理業の許可が必要です。
 取扱説明書を必ず読みましょう。 マッサージ器は医療機器です。必ず取扱説明書をお読みになり、正しい使い方をしましょう。 
戻る